SFC修行6日目: 石垣島へ牛丼を食べに行った

初出
更新

5日目からの続き。

すっかり寝ていて、朝食の開始通知で目が覚めた。隣の席の人が和食を選んだところで和食が終わったとのことで、洋食を選ぶしかなかった。

到着案内によると成田は2℃とのことだった。シンガポールは30℃あった。

成田空港から羽田空港までの主な移動手段にはバスと電車があるが、今回はバスにしてみた。バスのほうが所要時間が短い。今回遅延しているので、所要時間が短い方がいい。

9時のバスに乗ったが、出発後いきなり湾岸線が9kmの渋滞だという案内が出た。ただ、時刻表を見るとこの時間帯はそもそも昼間より20分余裕のあるダイヤになっていて、この程度の渋滞は想定済みのようだ。36分で習志野本線料金所を通過、43分で市川料金所、52分で葛西ジャンクションまで着いた。もしアクセス特急に乗ってたらまだ千葉ニュータウンだ。

大井トンネルを抜けたら渋滞も解消されて、10時18分に羽田空港第2ターミナルについた。もしアクセス特急に乗っていたらまだ押上だったことになり、バスで大正解だった。

NH91の機内では伊達政宗(CV檜山修之)が仙台を紹介するビデオが流れていて、こけしに萌える女性「こけ女」というのが紹介されていた。こけ女って……

石垣空港では石垣牛焼肉丼というの食べた。普通の牛丼より味がしっかりしていて、想定より濃い。850円。

前回みたいに、当日アップグレード待ちをしてたら手荷物検査が長蛇の列になってお土産を買う時間がなくなると困るので、諦めてさっさと手荷物検査を通った。ただこの判断をするには早計かもしれないところがあって、前回は3列ある手荷物検査が全て長蛇の列だったが、今日は真ん中の列が妙に空いている。お土産を買って16時5分に手荷物検査場を見てみたらガラガラだった。これだったらプレミアム待ちをしても迷惑をかけることはなかっただろう。

さらに搭乗したらプレミアムクラス席が1席空いていて、ドア閉め直前に客がやってきた。あの人が種別Aなら仕方ないがもし種別Sだったら悔しい。こういうのはダメ元でどんどんやっていくべきで、諦めたらどうにもならないのだ。

次回のSFC修行は1週間後、今度は沖縄本島にプレミアムクラスで往復する。

今回の行程

便名 内容 クラス 運賃種別 加算マイル ボーナス 合計 プレミアムポイント
NH 0902 SINGAPORE → TOKYO/NARITA S - 1656 311 1987 2484
NH 0091 東京(羽田) → 石垣 Z 国際線片道運賃 1228 122 1350 2456
NH 0092 石垣 → 東京(羽田) Y 国際線片道運賃 1228 122 1350 2456
Chisa Youzaka; cc by 4.0;