戦略とは「戦いをはぶく」ことなのか

初出
更新

ある講演を聞いていたら、「戦略とは戦いをはぶくことだ」というくだりがあった。

デジタル大辞泉によると「略」という字には以下のような意味がある:

  1. はぶくこと。省略。「以下―」「一部―」
  2. おおよそ。あらまし。
  3. はかりごと。計略。「―をめぐらす」

戦略の「略」は3番目の意味だ。それ以外の意味に捉えるのは言葉遊びでしかない。

もちろん講演者の日本語能力に問題があるわけではない。ちょっと違った目線を提供して聴衆に気づきを与えることを目的として、戦術と戦略の違いを印象付けようとして、わざとこういうことを言っている。でもこういうのはルール違反ではないかと思う。

目的が正しければ手段の様態や正確性を問わないというのは、水からの伝言とか脱原発テントとか江戸しぐさのようで、どうも釈然としないものがある。こういうロジックに乗っかって物事を納得してはいけないと思う。

あと、始まる時間はやたら厳しく案内しておいて、平気で延長するのもダブルスタンダードだしどうかと思う。遅刻は許さないけど遅延はしょうがないよねというのはおかしい。

Chisa Youzaka; cc by 4.0;