SFCを取得するために必要なこと

初出
更新

先日のクレ板オフでSFCとJGCの話を聞いて、さっそくどうすれば良いのか調べてみた。よく行われるのが、羽田-沖縄-羽田-シンガポール-羽田-沖縄-羽田というルート(いわゆるOKA-SIN)というものだ。これは国際線の運賃に定額で国内区間を追加でき、国内部分はマイル付与率が100%となるルールを応用(悪用?)したものだという。沖縄-羽田-シンガポール-羽田-沖縄が国際線区間、その前後の羽田-沖縄と沖縄-羽田が国際線乗り継ぎ区間となる。

なぜシンガポールかというと、羽田発が日付変更直前、シンガポール発が日付変更直後にあり、運賃ルール上有利だからであるとか、アジア内はSFCになるために必要なポイントの付与レートが高く、シンガポールは運賃あたりの付与率が良いということがあるらしい。もちろんシンガポールという国じたいがほかのアジアと比べると安心安全なイメージがあるし、シンガポールのチャンギ空港は世界ランキングの上位常連というのも好条件だ。

そのSFC条件をクリアするためのポイントというのがプレミアムポイントというもので、OKA-SINを行うと以下のように貯まる。

区間 プレミアムポイント
合計 12840
羽田→沖縄 1968
沖縄→羽田 1968
東京→シンガポール 2484
シンガポール→東京 2484
羽田→沖縄 1968
沖縄→羽田 1968

SFCになるには50000pt必要なので、上記を3.8回繰り返すと条件クリアとなる。

沖縄の代わりに石垣にすると1回で14792pt貯まるので、3回+沖縄にプレミアムクラスで往復で条件クリアとなる。

だいたいこのルートの運賃は8万円〜9万円くらいなので、運賃の費用は30万円弱、色々含めても50万円以内で収まるはずだ。あとは、これだけのルートで航空券を買うのだから、事前にゴールドカードを用意しておた場合のマイルと費用の増分なども計算すべきだ。

ここでふと思うのは、特典航空券メインで乗るならSFCは要らないのでは?ということだったが……

2015年にヨーロッパ行きのファーストクラスの特典航空券を取得したが、それはSFC資格があったからではないかと思う。たぶんご利益はあったのだ。

Chisa Youzaka; cc by 4.0;